« 必要なのは、しかるべきルールと規律と一貫性 | トップページ | ポジポジ病はメンタルが弱いわけではなくトレード手法に自信がないことの現れ »

一番必要なもの 自制心

つぶやきブログ」より

私は勝つ為にというか、負けない為に一番必要なのは、投資法とかそういったものではなく、自制心ではないかと思います。


順張りも覚えた、損切りも出来る、自分のスタイルも見えてきた、でも口座残高が増えないという時期がありました。
コツコツ勝ちを積み上げては、大きく負けるジェットコースター型ですね。(今もですが。。)
私と似たような経緯とトレードスタイルの方で、この状況にいる方は多いのではないでしょうか。
勝ちパターンも覚えたが、同様に負けパターンも出来るからだと思います。
ここですることは、負けパターン(負け)をいかに減らすか、その時に重要なのがメンタル、自制心です。
後は強い意志を持って、すべき事を出来るかどうかだと思います。
それは周りの人がどうこう出来る事ではなく、自分次第なんだと思います。
私はこれまで、壁に当たっては勉強したり反省したりして乗り越えてきたつもりです。
そんな中でもこの壁が一番高かったように思います。

常にリスクのほうを真剣に考えるようになりました。


なぜ多くの人が負けるのか。
皆自分のやりたいようにやって負ける。
私はやりたくない事をやることが勝つことだと思っています。


熱くなってトレードを続けることは、自分にマイナスだということが
頭で理解してる会得の状態から体得に変わったのだと思います。


究極は「待つ と 損ぎり」
これがすべて
(待ってINするから損ぎりもできる はじめのINがダメなら損ぎりも曖昧になっちゃってだめ)


このスタートラインの意味は、自分が負け組だと、今のままでは勝てないと気づくこと。



レベル1
するとまず、エントリーが狂います。チャンスでもなんでもないチャートが、この上ないチャンスに見えます。
そしてエントリー。しかし微妙なところで入っているので微妙に損切り。

レベル2
次はチャンスまで待とうと決めます。
入ります。
損切り分を考えて利食いに欲が出ます。
結局利益を減らして決済。

レベル3
そんな事を繰り返しているうちに、段々自信がなくなりエントリーが遅れます。買いました。天井でした。

今日はここで止めておこうと終了。しかし、続きがある場合もあります。

レベル4
なんとか損失を取り戻そうと熱くなります。損切り後に建値まで戻しているところを何度も見ているので、損切りが遅れ損失を大きくします。

(自分の場合、ストップ-30は絶対に外さないし外したこともないので、これ以降はない
が、ちょこちょこ負けがいっぱい=大敗 という図式 いっしょ)

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

|

« 必要なのは、しかるべきルールと規律と一貫性 | トップページ | ポジポジ病はメンタルが弱いわけではなくトレード手法に自信がないことの現れ »

✿相場語録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 必要なのは、しかるべきルールと規律と一貫性 | トップページ | ポジポジ病はメンタルが弱いわけではなくトレード手法に自信がないことの現れ »